パイナップル編みのバッグ2 手作り

前回、義姉のために作った「パイナップル編みのバッグ」と「ツバ広帽子」ですが、姪の外での学校行事などに持って行って、とても似合っていて高評価だったと聞き、とても嬉しくなりました。

パイナップル編みのバッグの製作過程は、前回の記事でご確認いただけます。

夏も終わりだというのに、飽きずに夏糸で編み編み。 9月中旬なのに、この暑さ。。残暑だなんて!夏真っ盛りですよw...

オフタイム パピルス(クラフトクラブ)で、パイナップル編みのバッグを作りました。

「パイナップル編みのバッグ」3個目完成。

以前から「作らねば」と思っていた、Yケルへのプレゼント用のバッグが、やっと完成しました。

パイナップル編みのバッグ

内布の生地を、横浜スワニーまで探しに行ったのですが、少しレトロな感じの水玉を探していたのですが、なかなか気に入った水玉が見つからなかったので、手持ちの生地を使った。
明るいネイビーでカジュアルになってしまった。
気に入ってくれるかな。。

イカリのバッグチャーム

ポケットかわいいでしょう。
ウサギ好きなYケルにぴったりなのだ~!

バッグの中ポケット

前回作ったバッグと同様に、袋口の巾着にチャレンジしようと思ったのですが、大変なのでやめて、マグネットホックを取り付けました。

この内布は、厚みのないシーチングで作ってしまったので、強度を出すために二重にしてある布間にハード接着芯と底にキルト芯が貼ってあるので、しっかり自立します。

バッグの中

「パイナップル編みのバッグ」4個目(自分用)完成。

ついでに、自分用に小さいのを作りました。

自分用のパイナップル編みのバッグ

ショルダーを取り付けるようにして、お買い物のときに使うのです。

今までのものより小さめにしたかったので、底と本体の模様編みを減らしてみました。
しかし、底を丸く編んだため、ショルダーにした時にバッグが体に当たった時に、形が崩れてしまったので、次に作るときは、楕円形に変更したほうがよさそうです。

自分用バッグの4分割写真

内布は、黒ドットで大人っぽくしました。
自分用バッグの中ポケット

比べてみました

サイズがおわかりいただけるだろうか。

バッグ比較

感想

今回の制作時間は、一つにつき、編みは1日、内布作り3日と、合計4日かかった。

途中、内布作りが嫌になって中断して、放置して、またちょっとやって、という感じだった。。

珍しくヤコブオリジナルデザインなので、大量生産して販売しようかな?なんて考えていたけど、手間がかかり過ぎで無理かも(涙)

いつも使用している素敵なタグは、haskypower(ハスキーパワー) さんのものです。
新作のウサギのタグかわいいです。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする