パイナップル編みのバッグ 手作り

以前編んだ、クラフトクラブで編んだパイナップル編みのバッグですが、内布を付けて完成しました♪

パイナップル編みのバッグ

使用糸:ダルマ(横田) クラフトクラブ(カラーNo.3 約30g75m ×4個)、
カギ針7号使用
サイズ:横42、高25(持ち手含39)、丸底24cm
編み図:なし

編み図はとくになく、簡単なパイナップル編みのを適当に編んでみたら、あら不思議!うまい事いきました。
編み目は難しそうに見えますが、繰り返しなので簡単です。一日で編めます。

内布を付ける

パイナップルの目が大きいので、隙間から布地が見えるように、紺色のドットにしてみました。
同色のドット生地を内布と裏布の2枚使用、間にそれぞれ接着芯とキルト芯を張ってあるので、適度の厚みがある自立するバッグになりました。
持ち手分の生地が足りなかったので、持ち手テープを使ったので、可愛さ半減です。

底は丸く細編み、少し大きすぎたかも。。
途中で、増やし目を間違えたのか、立ち上がり目が曲がってる。。


内側は、広くタップリ物が入りそうww

20cmファスナーのポケットを付けたので使いやすそうです。
ポケットのファスナー付けは自己流です。本当は、内布に切り込みを入れて、内布の裏に中袋を付けてファスナーを取り付けるほうが、きれいに仕上がったのかもしれません。

ポケットには、タグをつけたので、可愛いワンポイントになりました。
口はマグホックで。

なぜ、人気のカゴバックじゃなく模様編みのバッグにしたのか?

答えはかんたん。使用糸が少なくて済むから~!これは、費用的にも時間的も大切です。
正確に言うと使用量は、3玉半ですみました。同じ大きさのバッグを、細編みで編んだら、6玉は使用します。
しかも、飽き性の私は、時間のかかるカゴバッグを最後まで編めるか自信がないので。。

内布と接着芯は、大きなバッグで、表・裏分と使うので、1m近く使います。
思っていたよりも材料費が掛かっていて少し凹みましたが。。

材料費

クラフトクラブ 315円×4個=1,260円
布 900円、接着芯 700円、ファスナー 100円、 マグホック 175円、タグ 50円
合計 3,185円

>【ダルマ】クラフトクラブ 【C4-12】

価格:399円
(2017/3/14 22:39時点)
感想(1件)

感想

初めてパイナップル編みに挑戦。
パイナップル編みといえば、繊細なレース糸とかで模様を出していくんだろうけど、クラフト糸でもアジのある模様で気に入りました。

大きな口で、大容量のバッグ、ポイポイ出し入れする、おおざっぱな私にはとも手使いやすそうなバッグになりました。

デニムとの相性も抜群で、夏のお出かけで大活躍しそうです♪

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする