パイナップル編みのトートバッグ

パイナップル編みのトートバッグ完成品

久しぶりのハンドメイド。
紙を糸にしたナチュラルな色合いの糸、お気に入りの横田クラフトクラブを使い、パイナップル編みのトートバッグを作りました。

丸底のパイナップル編みのバッグは4個ほど作りましたが、今回は、底を横長にしてトートバッグにしてみました。

以前の丸底のバッグはこちら▼

前回、義姉のために作った「パイナップル編みのバッグ」と「ツバ広帽子」ですが、姪の外での学校行事などに持って行って、とても...

パイナップル編みのトートバッグ

完成サイズ:横42cm、高28cm、マチ10cm、持ち手43㎝   編み図:なし
使用糸:ダルマ(横田)クラフトクラブ (カラーNo.8 約30g75m ×3個半)、
カギ針7号使用
布:LECIEN Color Basic 15mm ドット オックス 生地 綿100% col.L ブルー 4601
玉つきファスナー20㎝、マグホック

ダルマ毛糸(横田) クラフトクラブ

価格:397円
(2018/7/4 17:08時点)
感想(42件)

LECIEN Color Basic 15mm ドット オックス 生地 綿100% 約110cm巾× col.L [ブルー][1mカット] / 4601

価格:2,380円
(2018/7/4 17:11時点)
感想(0件)

クラフトクラブでパイナップル編み

パイナップル編みバッグ

まず底を長編みで10X32cmに編み、サイドをパイナップル編みで編む。袋口と持ち手は細編みで。
袋口編み

サイズ調整しながら何度かやり直しましたが、とても楽しく編めました。
しかし、この後の内布選びに手間取って2年以上放置してしまいました。。

内布作り

時間はかかりましたが、内布はブルードットの厚手のオックス生地に決めました。

内布の内側には接着芯を貼り、20㎝ファスナーを接着芯で強化して適当にポケットを付け、薄手の可愛い猫柄生地を2重にして、スマホ用ポケットを付けました。

袋口にマグホックを付ける。取り付け生地は接着芯で補強。

内布ポケット付き

外側の袋には、キルティング芯を貼り厚みを出しました。
10cmマチは、四角い底にせず、編みバッグの底のカーブに合わせて少し丸みを出すようにマチを縫いました。

表から見るとこんな感じです。
かなり適当に縫ったので左右対称ではないですが、編みバッグの中に入ってしまうのでコレでも良いのです!(笑)

持ち手

持ち手の内側にも同じ布で付けます。
伸び防止と持ちやすいように市販の綿テープを布用ボンドで仮止めして包み込みます。

両サイドをミシンで縫い付け。
少し長さが足りなかったかな。丁度の長さにしたのですが、出来れば両側2㎝程長くしておいたほうが、内布と挟んで縫い付けたあと、持ち手がもっとしっかりと固定できたかも。

内布取り付け

内布2枚合わせて編みバッグに入れ、持ち手を2枚の内布の間に挟み込み、サイドを合わせて洗濯ばさみ(笑)で仮止めし、袋口を一周ミシンで縫う。

袋口の開いた所と底四隅を手縫いで縫い付ける。

失敗!しかしやり直しせず(笑)

マグホック位置がずれているように見えますが、実は持ち手位置がずれていました。。

完成

最後にワンポイントにイカリ革を縫い付けました。

完成

中はこんな感じになりました。

バッグの中

スマホ用ポケット。すっぽり入ってしまうと取り出しにくいので少し浅めにしました。

スマホ用ポケット

物を入れたらこんな感じでたっぷり入ります♪

中身を入れたバッグに中身

横から見るとこんな感じ。
内布の底に丸みを出したので、編みバッグに沿ってきれいに出来ました。

サイド

底は長編みで楕円形にした。

底

感想

構想から2年以上経過してしまいましたが、何とか形にすることが出来ました。適した内布を決めることが出来ず、ずっと頭の隅にありモヤモヤしていたので完成して良かった。
本当は、パイナップル編みを活かすように、白地の内布にする予定でしたが、きっと使っているうちに汚れが気になるなと思い、少し派手ですがブルードットに決定。
少し派手な生地ですが、めっちゃいいアクセントになって、夏らしい大人可愛いバッグになりました。
A4書類なども入るので、少しカジュアルですが通勤バッグにもいいですね。

出来上がりには大満足ですが、内布の作成に時間が掛かるので結構疲れます。(;^_^A

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする