パイナップル編みのバッグとツバ広帽子 手作り

バッグとハット

夏も終わりだというのに、飽きずに夏糸で編み編み。
9月中旬なのに、この暑さ。。残暑だなんて!夏真っ盛りですよww

以前作った、バッグと帽子を見て、義姉が『可愛い~♪同じのがほしい。』と言ってくれたので、プレゼント用に作りました。

オフタイム パピルス

オフタイム パピルス(クラフトクラブ)で、バイナップル編みのバッグツバ広帽子を作りました。

バイナップル編みのバッグ

内布は、前作↓より大き目の紺の水玉で。

以前編んだ、クラフトクラブで編んだパイナップル編みのバッグですが、内布を付けて完成しました♪ パイナップル編みのバッグ...

パイナップル編みのバッグ
袋口は巾着にしました。
横幅を間違えて隙間が出来てしまった(;^_^A
中にはファスナーポケット付き♪
しかし、水玉がクドイかも!?
この内布は、厚みのないシーチングで作ってしまったので、強度を出すために二重にしてある布間にハード接着芯と底にキルト芯が貼ってあります。
めちゃくちゃ面倒だった。。

マリンテイストのイカリのバッグチャームが可愛いでしょう♪

バッグ中

前回作と比較しました。

左が今回の新作、右が前回の自分用。
バッグ比較

※ワインは、サイズ参考用です。

右の自分用、作って1年経ったので、色褪せしてる。。クタッとしてるし。。
内布の水玉は、どっちがいいだろう?模様編みの隙間から見える水玉は、右の小さい水玉のほうが素敵かな!?
または、外布は左の大き目の水玉で、内布は小さい水玉でっていうのもありかも。

ここで、バッグの編み過程を紹介(自分の保存用)

使用糸:ダルマ(横田) オフタイム パピルス(カラーNo.3 約30g75m ×3個半)、
カギ針7号使用
サイズ:横42、高25(持ち手含39)、丸底24cm、 編み図:なし

編み図はとくになく、編み目は難しそうに見えますが、繰り返しなので簡単です。
一日で編めます。
これ編むの楽しい♪ 大変なのは布付け。。。

詳しい編み方の説明はありませんが、編み過程を紹介しますので参考にどうぞ。

バッグ作り方1 バッグ作り方2

バッグ作り方3 バッグ作り方4 バッグ作り方5完成

ツバ広帽子

使用糸:横田 オフタイム パピルス (カラーNo.3 約30g×3個)、カギ針6号使用
編み図:ナチュラルなかぎ針編み「かごバッグと帽子」 成美堂出版

前作↓よりも頭部に丸みがなく、ツバを丸めずに日よけをバッチリできるようにしました。

手芸店『パンドラハウス』のエコアンダリヤのコーナーにサンプル帽子が置いてあって、その編地がクラフトクラブだったの...

頭周りを、紺の水玉の布で巻いてみました。少しエレガントな感じになったかな。

ツバ広帽子

バッグとお揃いで。クドイかな。。っていうか、私って水玉好きすぎw

バッグとハット

感想

大好きなパピルスで編む、パイナップル編みのバッグですが、編むまでは楽しいのですが、内布を作るのが本当に大変で、気楽に引き受けたことをこの時に後悔します。。
出来上がってみると、達成感があり嬉しいのですが(笑)
この後、懲りずに友人にも同じものを作りました。すごい!

ツバ広帽子は、4個目の作成なのですが、今回はかなりサイズ変更しました。
義姉さんは頭が小さいので(羨ましい!)、いつもよりキツめに編み込み、自分の頭で被りながら小さめに調整しました。
また、貰った後、大きければ、水玉の布を巻いてサイズ調整できるようにしました。

また依頼があったら作りたいな。ほんとかいな。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする