クラフトクラブのクロッシュ 手作り

「クラフトクラブ」という糸、前から気になっていたのですが、売ってるところが少なくて、今回、アベイル・コマドリさんを利用させて頂いたので試しに購入してみました。

>【ダルマ】クラフトクラブ 【C4-12】

価格:399円
(2017/3/14 21:11時点)
感想(1件)

クラフトクラブのクロッシュ
ってなんのこっちゃ!?って感じですが。。


クラフトクラブ
とは?
ダルマ(横田)の紙100%の糸です。

紙を糸にしたナチュラルな色合い糸。紙ならではの自然な光沢があるので肌の色によく馴染みます。 ソフトで編みやすく、とても軽いのが特徴で、つばの長い帽子など型崩れが気になる作品づくりにおすすめです。 (横田HPより)

クロッシェとは?
釣鐘というフランス語(cloche)の意味で、クラウン部分が深く、急斜面で短いブリムが特徴的です。クロッシェの発祥は、1920年のフランスの帽子デザイナー達が考えだしたことがキッカケで大流行し、代表的な帽子となりました。クラウンが丸いタイプや四角いタイプ等があり、カジュアルな雰囲気からエレガントなものまで幅広いデザインがあります。

クラフトクラブのクローシュ

使用量:クラフトクラブ (カラー:NO.3 濃いベージュ、3玉半使用)
編み図は、『ナチュラルなかぎ針編みかごバッグと帽子』P58から。
本の指定糸は、エコアンダリヤのラフィー。前にエコアンダリヤで作ったら、耳にあたると痛くて被っていられなくて、クラフトクラブで編み直しました。
糸が違うので、目を調整し、周りに2重紐にしてサイズ調整可能なので、ザックリ大きめにしてみた。
クロッシュ
被るとこんな感じ。。うふ
ツバ広帽子が苦手なのでこのくらいが丁度いいのだ~
クロッシュ試着

感想

編み心地はというと、エコアンダリヤより編みやすいし、糸割れしないのでいい感じです。
編んでるときの糸が動くたびに出るシャカシャカ音が少ないのもいい♪
アミアン(和紙100%)と比べると。。どうでしょう!? 編み感は同じようなもんか!?(っていい加減)
クラフトクラブのほうが糸は幅広で、固めの紙テープのようです。
帽子は、軽くて風通しもいいので夏に活躍しそうです。

クロッシュを改造しました。

クロッシュを完成させて、少しの間かぶっていましたが、何か形が気に入らなかったので、思い切って解いて作り直しました。
クラフトクラブの帽子
なんという帽子と呼べばいいのか分かりませんが、適当に自分の頭に当ててサイズを調整して、カンカン帽的な形になりました。
シンプルで可愛くなかったので、以前バッグに使ったときに余ったブラウスの生地をリメイクして、リボンを作りました。
クラフトクラブの帽子リボン
使い勝手の良い、素敵な帽子に変身しました!
少し大きめに作ったので、髪型を崩れないので良いです。
クラフトクラブの帽子試着
スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする