カギ編みのポンチョ 手作り

カギ編みで大物を作る

小物を作ってきて自信がついたのか、思い切って大物を作りたいなと思い探していると、『毛糸ZAKKAストアーズ』さんのサンプルページに素敵なポンチョを発見。挑戦してみました。

カギ編みのポンチョ

糸は、『毛糸ZAKKAストアーズ』さんのメリノ入りあったか並太毛100%(内メリノウール40%)を使用。@900円×9玉=1,800円(税抜)
編み図は、作品番号:z049-3-ponchoポンチョ の編み図を参考にしました。

メリノ入りあったか並太のカギ編みポンチョを編みました。
首口から裾に向かって、増やし目しながら模様編みをひたすら編み続けます。
想像していたよりも時間かかりました~。製作時間一週間かかりました。
しかも、裾のフリンジは糸をたっぷり使うので、糸を9玉も消費しました。
被りタイプのポンチョだと両手が使えて動きやすいくて、厚みもしっかりとあるし、柔らかくふっくらした糸なので暖かくていい感じです。
しかし、首元寒いので、ミディアムネックくらいの高さがあるといいかも。

その後~改善点~

毛糸ZAKKAストアさんのサンプルがかわいかったので、自分用にがんばってみましたが。。。

ヤコブ、似合わねー!!

その後、何度か着てみたのですが、断念して友へのプレゼントになりました。

模様編みは一度覚えたら編み図を見ずに黙々と編めるので、編むのが楽しくなり、 大変だと分かっていながら、追加でママ二人分を編むことにしました。

ただ、使い勝手とママたちのの要望も聞いて、改善の余地ありだと感じた。

  • 丈が長すぎる → 総丈を短くする
  • フリンジが邪魔 → フリンジを無くし、その代わり裾に装飾の飾り編みをする
  • 首元が開いていて寒い → 首口にゴム編みで折り返して暖かいハイネックを追加アレンジ

水  色 (実ママ)エンジ色(義ママ) 分をプレゼントしました。
とっても喜んでくれて、冬の間大活躍のポンチョになったようで良かったです。
(写真撮り忘れた。。悲)

3着も編んだのに、一着も手元にないけれど、出来上がった達成感を得られたので良しとします。

>【色番41-50】メリノ入りあったか並太【毛100%(内メリノウール40%)/並太/約40g玉巻(約88m)】Z049/ZAKKA

価格:339円
(2017/3/14 20:22時点)
感想(5件)

チェニックベストに挑む!?

糸は、『毛糸ZAKKAストアーズ』さんのメランジェ・スラブ(現在廃盤)を使用。
編み図は、作品番号:z057-1-tunic チュニックベスト の編み図を参考にしました。

集中してあみあみすることにハマってしまい、また大物を作りたいな~っと探していたら、素敵なチェニックベストに遭遇。ピタッとしてなくてゆったりとしたシルエットがいいなと。
しかし、楽しくなってきたカギ編みではなく、棒編み5号針なのです。久しぶりの棒編み、上手くできるかな・・。
メランジェ・スラブという糸で、少しザラザラして肌触りが良くないけど、カラフルなネップが可愛くて衝動買いしてしまった。

次はこれ↓チェニックベストを作成途中です。

追記:結果報告

残念ながら、前身頃を編んだところでギブアップ!!  嫌になっちゃった。。
残念・無念です!

まとめ

ポンチョの出来は良かったと思います。私には似合わず自分用はありませんが、プレゼントしたら皆喜んでくれたので!それだけで大成功だということで。

チェニックベスト、根性なしのヤコブには、やはり棒編みの大物は無理でした。。。
今は、残ってしまった糸メランジェ・スラブを何に使おうか思案中です。(泣)

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする