半袖ブラウス・チェニック 手作り

ミシンをはじめて1年が経ちました。この一年でバッグや小物しか作ったことがなかったのですが、いよいよ洋服の製作を始めてみました。

絶対に洋服なんて作れっこない!!」「面倒、難しそう。。」って思っていたけど、バッグの製作にあきてきたので、試しに型紙を購入して作ってみた。

半袖ブラウス(縫い代付)

まず、夏のチェニックを作りたいなと思ったのですが、洋服に適した素材・布がどんなものがいいのか分からなかったので、はじめは、『STRAWBERRY Cotton』さんの、布、レシピ、型紙のセットになっているものを購入して作ってみました。

型紙セットスラブガーゼ紺 de 半袖ブラウス

もう少し襟が大きいほうが可愛かったかな。
でもはじめてにしては上手く出来ました。分かりやすいレシピと縫い代付きの型紙で素人でも問題なく作れました。

半袖ブラウス紺

ブラックウォッチのWガーゼ de 半袖ブラウス

勢いで、もう一つ作りました。
スワニーさんで購入したブラックウォッチのダブルガーゼで、襟なしverです。

半袖ブラウスチェック

襟元のアップです。
襟付きのほうが可愛いけど、なくてもすっきりしていて、部屋着には最適です。
ブラックウォッチのWガーゼ生地は、思ったよりしっかりした生地で、ゴシゴシ洗濯しても形が崩れず大丈夫そうです。

地味だったので、後ろにさりげなくイカリテープ付けてみました。曲がってるけど。。

ブラウス拡大

続けて同じものを、もう1点作りました。

やわらかWガーゼ(ネイビー) de 半袖ブラウス

半袖ブラウス チェニックの3着目なり。

先日、実家に帰った時に披露したら、初号機ネイビーはママンに取られてしまいました。。
ので、襟を改造して再度作りました。

使用生地は、「ふんわ〜りやわらか スラブWガーゼ パープル」です。
幅約102㎝、50㎝@390円×4=1,560円(税抜)、洋服用芯地

半袖ブラウス紫

襟の型紙を改良して広めにした。
変形を避けるために、洋服用の芯を襟とボタン部分に貼り形を整えてみました。

またしても地味だったので、後ろヨークにイカリテープを縫いつけました。
髪を束ねると、チラッと見える後ろのワンポイントが可愛いでしょ♪

紫ブラウス拡大

感想

お洋服づくり、完全にハマッてしまいました。洋服作るのってたのしいですね♪♪
いつものバッグを作るより、工程が少なくて、接着芯貼らなくていいし、ファスナー付けがないので楽です。
布の型取り、カットの作業が面倒だけど、あとはミシンで縫うだけだから楽しい。

自分用には気に入っていますが、ボタンホール付けが難しく、適当にやったので、人には差し上げることはできない代物(ママンはいいのだ)になりました。

今回は、安いガーゼ生地を使用したのでお安くできましたが、しっかりしたワンピースなどを作るなら、リネンとかニットとかの布を購入しないといけない。
洋服だと布をかなり使うので、コスト面が心配です。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする